カルナバイオサイエンスは、製薬企業とパートナーを組むことにより創薬事業で得られた研究成果を、新薬として世に送り出していく戦略を考えております。キナーゼに特化した当社の創薬研究は、①高品質の自社化合物ライブラリのスクリーニング、②自社キナーゼプロファイリングパネルによるリード候補化合物の選抜、③卓越した創薬化学力によるリード化合物の最適化を経て、医薬品候補となりうる化合物を生み出すことを目標としています。

当社はスクリーニングの成功確率を最大化するように、キナーゼに特化した化合物群、および多様性を重視した化合物群を組み合わせた独自の化合物ライブラリ、300を超えるHTS可能なキナーゼ評価系や大手製薬企業での経験豊富な創薬化学チームを保有し、これらに CaRSKiCOPKiCALKi、およびCaPBA技術を組み合わせて、有効性が高く安全な高選択的キナーゼ阻害薬の創出を目指しています。

当社は、これまでに Johnson & Johnson、Sierra Oncology といった製薬企業に当社製品を導出しています。

導出済み製品

化合物   パートナー
SRA141
(AS-141)
適応症:がん
標的:CDC7/ASK
Sierra Oncology, Inc.

パートナリングに関するお問い合わせはこちらから。

Page Top