製品・受託サービス

カイネティクス測定アッセイサービス

カルナバイオサイエンスではAssayQuant Technologiest 社(米国、MA)との協業にてPhosphoSens™ 技術を使ったアッセイサービスをご提供致します。PhosphoSens™ を用いれば、酵素アッセイのみならず、細胞や組織ライセートのサンプルについてもシンプルかつパワフルなリアルタイムカイネティクス測定が可能です。

PhosphoSens™ 技術とは?

Mg2+をキレーティングすることで蛍光を発する(Chelation-enhanced fluorescence:CHEF)Sulfonamido-Oxine(Sox) をペプチドなどの基質に結合させ、キナーゼによる基質のリン酸化を蛍光強度の増加として経時的に検出することを可能にした技術がPhosphoSens™ です。この技術を用いることにより、ホモジニアスなアッセイ系で簡便にダイレクトなカイネティックス測定が可能となりました。お客様の創薬における構造活性相関(SAR)の解析やMechanism of Action(MOA)探索にお役立てください!また、本技術を応用してフォスファターゼの脱リン酸化を継時的に測定することを可能にしたフォスファターゼアッセイも提供しております。

本サービスについての詳細やご相談などお気軽にお問合せ下さい。

PhosphoSens™ 技術とは?
[ アッセイ原理 ]
PhosphoSens™ ではSoxにシステイン残基を導入した改良型CSoxセンサーを使用。CSoxを結合させた基質がキナーゼ、ATP、Mg2+の存在下でリン酸化されるとMg2+がリン酸基とCSoxにキレーティングされることにより複合体が形成される。ここに励起光を照射することで蛍光を発する。この蛍光強度の変化を経時的に検出することで、基質のリン酸化状態の変化をリアルタイムでモニターすることが出来る。
(本技術はマサチューセッツ工科大学(MIT)にて開発、MITが保持する特許を独占的にAssayQuant社が実施)

PhosphoSens™ RED ハイスループットな試験をご希望なら、エンドポイントでの測定が可能なPhosphosens™ REDがお勧めです。
反応系にEuropiumを添加することで、Mgの配位を置換して360nmの励起で616-620nmの赤色域の蛍光を発するcomplexが形成されます。complexが発する赤色光を時間分解蛍光測定(100-200 μ seconds delay)で検出することにより、青~緑色領域で強くみられる化合物の自家蛍光などのバックグラウンドの蛍光を排除し、エンドポイントでの測定を可能にしました。
Phosphosens™ REDでは通常のPhosphosens™ カイネティクス測定と全く同一の基質を用いるため、HTSからSARやMOAの解析までシームレスに実施可能です。
PhosphoSens™ を使った4つのサービス
PhosphoSens™ が提供するたくさんの可能
  • リン酸化および脱リン酸化状態の変化をリアルタイムにモニターできるため、様々なパラメーター解析が可能

    →Km, Vmax, kcat, IC50, Kinact/KI, Ki, Kon, Koff, Residence Time 等々ご要望に合わせて測定頂けます

  • 多様なマイクロプレートリーダーで測定可能

    Excitation;360nm、Emission;485nmの測定が可能な装置ならOK

  • 96-well, 384-well,1536-wellの多様なプレートリクエストに対応可能
AssayQuant 社について

AssayQuant社

AssayQuant Technologies社(米国 MT マールボロ)は、数々の主要ライフサイエンス企業で20年以上豊富な経験を積み重ねてきた研究者と、総合的なアプローチを用いて化学と生物学を結び付けることによりタンパク質を構造、機能、設計という様々な側面から研究し続けるMITの教授とのコラボレーションによって創設された革新的なテクノロジー企業です。 http://www.assayquant.com/

Page Top