企業情報

社長メッセージ

 この度当社は、当社が創製したCDC7阻害剤AS-0141(シエラ社の開発コード:SRA141)の開発・販売・製造に関する全権利を、ライセンス先であるシエラ・オンコロジー社(「シエラ社」)から再取得することにつきシエラ社と合意しました。

 AS-0141の導出当時、シエラ社は、DNA Damage Responseにフォーカスして抗腫瘍薬の開発を進めておりましたが、臨床試験のフェーズ3段階にあるmomelotinibを導入したことをきっかけに、同社の開発戦略が見直され、AS-0141の開発の優先順位が下がってしまいました。この間、当社は、着実に自社臨床開発体制を整えていましたことから、今般、当社はAS-0141を自社で開発することを決断し、シエラ社と交渉を重ねた結果、今回の合意に至りました。

 当社は、これから、すべての前臨床試験データや治験薬等に関して、シエラ社から移管手続きを進めていきます。またAS-0141の新たな開発戦略計画の立案に着手し、成功確度を高めたうえで、2021年以降の第1相臨床試験の開始を予定しております。CDC7阻害薬はこれまでの抗がん剤と異なるユニークな作用機序を有しますが、同作用機序で実用化されたものはまだありません。今後当社はfirst in classの薬を目指して、AS-0141の臨床試験に挑戦してまいりますので、引き続き皆様のご支援を頂きたくよろしくお願い申し上げます。

2020年6月25日

clear
Page Top