企業情報

社長メッセージ

 当社は4月10日を以て創業15周年を迎えました。また、3月25日には上場10周年を迎えました。この間、当社の創薬支援事業で得た資金、IPO、PO等で得た資金を使い、がんを中心とするアンメットメディカルニーズに応えるべく創薬研究を推進して参りました。その結果、各研究が順調に進展し、2016年にはカナダ、シエラ・オンコロジー社にSRA141(AS-141、CDC7キナーゼ阻害に基づく抗腫瘍剤)を導出しました。シエラ社は今年の下期に米国でSRA141の大腸がんへの有効性、安全性をヒトで確認するべくIND申請(新薬の臨床試験を実施するためのFDAへの治験届の申請)する予定であり、当社の創製した医薬品が初めて臨床試験に入ることになります。これによって当社は、パイプラインが臨床試験段階にあるバイオテクノロジー会社にステージアップします。

 また、それに続くものとして昨年末にはブロックバスター(1剤で年商10億ドル(約1000億円)を超える新薬)となる可能性を秘めたBTKキナーゼ阻害剤AS-871(リウマチなどの免疫炎症疾患治療薬を目指す)とCB-1763(血液がん、免疫を介したがん治療薬を目指す)の前臨床試験を開始し、来年のIND申請を見込んでいます。さらに、先月には大日本住友製薬と精神神経疾患を対象とした新たなキナーゼ阻害剤の創製を目的とした共同研究、その後の開発および事業化に関する契約を締結しました。当社の創業15周年、上場10周年という一つの節目に当社がステージアップできることおよびそれに続く強力なパイプラインを構築できたことを大変うれしく思います。また、大日本住友製薬との共同研究、開発契約では当社が得意とするキナーゼ創薬技術と大日本住友製薬が保有する高度な中枢神経系疾患医薬品の評価技術を組み合わせ、全く新しい精神神経疾患領域の治療剤の創薬研究に挑戦できることに心から感謝し、全力で取り組むつもりです。

 当社はこれからも、病気で苦しむ患者の方に有効な治療薬を一刻も早く届けられるよう、全社一丸となって挑戦して参りますので、引き続きご支援の程宜しくお願いいたします。

clear
Page Top