製品・受託サービス

ビオチン化キナーゼ蛋白質

表面プラズモン共鳴(SPR)やバイオレイヤー干渉法(BLI)といった物質間の結合親和性など相互作用を評価する解析機器でのご使用に最適なビオチン化キナーゼ蛋白質を提供しております。

これらの解析機器で低分子化合物の創薬研究・開発を行なう際、リガンドとする標的分子蛋白質を活性、構造を保持したままセンサー表面に固定化(固相化)することはとても難しいことです。
カルナ自社製造ビオチン化キナーゼはバイオロジカルに特異的部位のみをビオチン化し、バインディング測定などでのリアルタイムで安定したデータ取得を簡易に可能にします。

バイオロジカルに作製されたカルナのビオチン化蛋白の特徴

バイオロジカルに作製されたカルナのビオチン化蛋白の特徴
  • 一つのキナーゼ分子に一つのビオチン分子をラベリング
  • 特異的部位をビオチン化
  • ATP結合サイトへのビオチンの結合がないため、高活性を維持
  • バキュロウイルス発現システムにより高品質な蛋白質を取得
  • 購入後のラベリングが不要 取扱いが簡単 で時間、コスト削減に貢献
  • 安定した活性維持のため、キナーゼによっては活性化処理をしています
    (ご要望に応じて活性化処理をしていないキナーゼの提供も可能です)
化学修飾されたビオチン化蛋白 (参考)化学修飾されたビオチン化蛋白は
  • ビオチン分子がいくつかのリシンに不規則に結合しATP結合サイトに影響を及ぼす恐れがあります。
  • 蛋白の活性低下や構造変異を引き起こすことがあります。
  • 残留ビオチン除去の為のさらなる精製が必要です。
カルナのビオチンキナーゼを用いて、Biacore測定(NTRC社による)サービスを提供しています

簡易でスピーディなー分子間相互作用の測定なら、ResidenceTimer™ がお勧めです。
短期間でResidence timeやKinetic selectivityの測定結果をお届け致します

参考文献:Quick Evaluation of Kinase Inhibitors by Surface Plasmon Resonance
Using Single-Site Specifically Biotinylated Kinases

Daisuke Kitagawa, Masaki Gouda and Yasuyuki Kirii
J Biomol Screen 2014 19: 453 originally published online 30 September 2013
DOI: 10.1177/1087057113506051

商品の詳細などにつきましてはお気軽にお問合せください。

Page Top