製品・受託サービス

ResidenceTimer™ キナーゼ蛋白質相互作用解析サービス

ResidenceTimer™ はカルナバイオサイエンスのビオチン化キナーゼを用い、SPR(表面プラズモン共鳴)法による化合物とキナーゼ蛋白質の相互作用を速度論的に解析するサービスです。

キナーゼ蛋白質と低分子化合物の結合の検出用に開発された高感度SPR機器、Biacore T200 (GE Healthcare)を用いて経時的に観察したアフィニティーセンサーグラムから2分子間の結合特異性を確認、結合親和性をカイネティクス解析致します。
生物学的アッセイだけでは知りえない物理化学的な情報を得ることは化合物の真の特徴を知るうえでとても重要です。
市販されている薬剤の中には、標的分子との結合時間が長いために、血漿中からの消失半減期よりも長く標的分子に作用し、酵素アッセイで得られたIC50やKdから推測されるよりも強い効果を示す化合物があることが知られています。
本サービスでの測定はn=2以上5濃度で行われ、化合物の結合速度定数(ka)、解離速度定数(kd)、解離定数(KD=kd/ka)、residence time (t=1/kd) をパラメーターとした測定結果をご報告致します。
ATP競合化合物のみならずアロステリック効果を示す化合物測定にも最適です。

オンコロジー領域のリード化合物を生化学的/物理化学的に評価した後のフォローアップには、ヒト腫瘍細胞株を用いた細胞アッセイサービスOncolines™ と、Oncolines™ の結果と既存の低分子化合物との相乗作用を見つける薬剤併用効果解析サービスSynergyFinder™ をご利用ください。

NTRC社提供のSPR測定の優位点

  • ◎ センサーチップへの固相化が難しいターゲットも多数評価済み (リストに無いターゲットについてもご相談ください)
  • ◎ ビオチン分子一つだけがラベリングされたビオチン化キナーゼによるばらつきの無い固相化で非特異な相互作用を軽減
  • ◎ ターゲットを中性PHで固相化することによりキナーゼ蛋白質の活性低下軽減を実現
  • ◎ 全ての試験が均一バッファーで行われる為ターゲット間の比較評価が容易
NVP-BGJ398に対するFGFR 1,3,4のシングルカイネティクスカーブ
異なるサブタイプに対する結合・解離の違いを知る事ができる
Ponatinibに対する酵素アッセイ結果とResidence Time測定結果の相関性
同程度のIC50値を示すターゲット間ではResidence Timeを測定することにより、化合物のターゲットに対する真の結合能を見極めることができる

Biacoreを使った測定の魅力

  • センサー表面に固相化されたキナーゼ蛋白質への結合だけを検出でき、バックグラウンドノイズが少ない高感度検出
  • シングルサイクルカイネティクス解析法でリガンドとなるキナーゼ蛋白質の活性低下軽減
  • センサー表面で起こる屈折率の変化をリアルタイムに検出
  • 屈折率の変化を検出するので、標識などを不要としたダイレクト検出
  • センサー表面からのごく狭い範囲内のターゲット分子の変化だけを読み取る為、少量の化合物でOK
関連論文

Compound Selectivity and Target Residence Time of Kinase Inhibitors Studied with Surface Plasmon Resonance
  http://dx.doi.org/10.1016/j.jmb.2016.12.019

NTRC社について

Netherlands Translational Research Center B.V. (NTRC) はオランダ・Oss市にある中核的研究施設内に拠点をおくバイオテック企業で、低分子阻害剤創薬の支援を行なっています。NTRCの創設者達は15年以上にわたり国際的メガファーマで創薬研究に従事した経歴を持っています。 https://www.ntrc.nl/

Page Top