製品・受託サービス

カイネティクス測定 フォスファターゼアッセイキット PhosphoSens™

蛋白質の脱リン酸化反応はリン酸化反応と同様に細胞の増殖・分化などに関わる重要な制御機構であり、プロティンフォスファターゼは多くの細胞内シグナル伝達系において重要な役割を担っています。AssayQuant社は脱リン酸化反応を簡単にモニターできるように最適化した試薬及びPhosphoSens™基質を用いたアッセイキットの提供をしています。試薬を混合して測定するだけの簡単な操作で、Km, Vmax, kcat, IC50, Kinact, Kon, Koff,Residence Time等々ご要望に応じた幅広いデータを取得頂けます。継続してキットご使用をご希望の場合には、追加でPhosphoSens™リン酸化基質をはじめ別売りの試薬をご購入頂く事でアッセイをスケールアップして頂けます。本サービスについての詳細やリスト外のターゲットのご相談などお気軽にお問合せ下さい。
技術概要

Chelation-enhanced fluorescence using the sulfonamido-oxine (Sox) chromophore

技術概要

あらかじめリン酸基を結合させたCsox結合基質にMg2+ を添加すると、基質のリン酸基とCsoxによってMg2+ がキレーティングされ、蛍光(Chelation-enhanced fluorescence:CHEF)を発します。ここにフォスファターゼを加えると、基質の脱リン酸化が誘導さると共にMg2+ に対する基質の親和性が減少し蛍光が消失していくため、蛍光強度の変化を継時的に測定することで、フォスファターゼによる基質の脱リン酸化をモニターできます。

測定データサンプル

測定データサンプル
キット内容
CSox調整済みリン酸化基質(PhosphoSens™)
DTT
リアクションバッファー
希釈バッファー
プロトコール
フォスファターゼは含まれておりませんので、別途ご用意お願いいたします。
推奨ファスファターゼについてはお問合せ下さい。
お使い頂けるプレートサイズ
96-well  384-well  1536-well
お使い頂ける測定装置
Excitation;360nm、Emission;485nmでの測定が可能な装置なら何でもOK
別売り試薬
CSox調整済みリン酸化基質(PhosphoSens™)
キナーゼリアクションバッファー (x10) (10mL)
キナーゼ希釈バッファー (x1) (5mL)
細胞溶解バッファー(x10) (10mL)
DTT (x1000) (1000mM, 1mL)
Page Top