製品・受託サービス

NanoBRET™ TE Intracellular Kinase セルベースアッセイサービスPromega

ヒトキナーゼに対する薬剤の効能をより正確に予測するためにはターゲットタンパク質-化合物間の相互作用を生体内に近い細胞内環境で評価し、薬剤の阻害能、選択性、親和性を定量測定することが極めて重要です。また、平衡状態における測定に加え、カイネティックスを評価し、薬剤のResidence Timeなど速度論的パラメータについても薬剤の最適化において考慮することが望まれています。NanoBRET™ Target Engagement (TE) Intracellular Kinase Assay System (Promega社)を用いた当社提供のセルベースアッセイサービスでは、リストからご希望のキナーゼターゲットをご選択頂き、生体内に近い条件の下、そのターゲットに対してお客様の化合物がどのように作用するのかを評価し、定量的な結果をお届けいたします。化合物をお送り頂くだけで、インタクトな細胞内で測定されたIC50値、阻害率、そしてResidence Time評価結果を得ることが可能です。

インタクトな細胞内で発現された全長キナーゼタンパク質に対する化合物の作用を探る
1 タイプの細胞透過性トレーサーで幅広いキナーゼタンパク質ターゲット探索が可能

測定サービス

阻害率測定試験
(10倍希釈系列 3濃度測定、n=1/n=2)
IC50値測定試験
(Half-log希釈8濃度測定、n=1/n=2)
↓
Residence Time 解析
(IC50値測定試験の結果をベースにn=3で行います)
IC50 Data Sample
Residence Time Analysis Sample
細胞内ATP環境での測定でより生体内に近い反応を予測する

[Target occupancy with 1μM Crizotinib]


(Right) using intracellular kinases in HEK293
(Left) using recombinant kinases assayed biochemically at Km ATP on Carna's MSA

NanoBRET™ System

ドナーであるNanoLuc® luciferase融合タンパク質からドナーとなる蛍光標識プローブ、NanoBRET™ トレーサーへのエネルギー移転をベースとした生細胞内でのタンパク質相互作用を検出するアッセイです。生細胞内で発現されたNanoLuc® luciferase融合タンパク質に対し、NanoBRET™トレーサーと競合的に置換された化合物が可逆的に結合することにより、化合物の見かけの親和性が測定できます。
標的タンパク質(NanoLuc® luciferase融合タンパク質)を発現させた細胞にBRET acceptorとなる蛍光標識した膜透過性tracerを添加する。
Tracerが標的分子に結合するとBRETが起こり、acceptorが蛍光を発する。
化合物を添加することによる、蛍光強度シグナルの変化にて結合阻害を検出。
リストにないターゲットのご相談やサービス詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
Page Top