製品・受託サービス

Oncolines™ ~ヒト腫瘍細胞株パネル~

Oncolines™
細胞株の増殖を指標に、各がん細胞に対する化合物の阻害効果を測定するプロファイリングサービスです
Pie Chart
  • 多様な組織由来の細胞株に対する化合物の作用を遺伝子変異の情報と組み合わせて解析します
  • 現在102種の細胞株を取り揃えており、細胞株数は更に拡張予定です
  • 細胞株は世界最大の細胞バンクATCCのライセンスを受けています
  • 細胞株はATCC推奨の培地で培養しています
  • 継代数の少ない細胞を使用し、細胞の変性による化合物に対する反応性の変化の心配がありません
  • フルパネルをご利用頂いたお客様には OncolinesProfiler™ 解析サービスを無償提供!
  • 納期は約6週間です
詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

102細胞株リスト

報告書にはIC50,GI50,LD50値の他に、遺伝子変異と薬剤の効果の相関解析をWaterfall Plot、及びVolcano Plotで示します

Oncolines™ データ解析サンプル

plC50 value Waterfall Plot
plC50 value Waterfall Plot
dabrafenib in A-172 Cells / dabrafenib in A-375 Cells
Dose Response Data
Volcano Plot
Volcano Plot

アッセイ方法

細胞株を384well plateに播種し24時間培養後に化合物を添加、その後72時間化合物存在下で培養し、ATP量を指標に細胞の増殖を測定。
試験濃度は9濃度(half-log), duplicateで実施し、阻害曲線からIC50,GI50,LD50値を算出。

  • ウェルあたりの細胞数は化合物の阻害を検討するために最適な条件を細胞株ごとに設定
  • 他のアッセイ条件をご要望の場合はご相談ください
Page Top