IR情報

IRポリシー(ディスクロージャーポリシー)

印刷する

ディスクロージャーの目的と基本姿勢
当社は、当社株価の適正な評価ならびにそれに基づく適正な株価形成が行われることを目的に、「透明性」、「正確性」、「公平性」、「継続性」および「適時性」を基本姿勢とするディスクロージャーを行うよう努力してまいります。
ディスクロージャーの基準
当社は、会社法、金融商品取引法等の各種法令を遵守し、株式会社東京証券取引所の定める有価証券上場規程および関連規則(以下「上場規程等」という)に則り、会社情報を開示してまいります。さらに、上場規程等の基準に該当しない情報についても、株主・投資家および証券アナリストなどからご要望にお応えするため、公平かつ積極的な情報開示を行うよう努めてまいります。
ディスクロージャーの方法
法令開示情報につきましては、金融庁の提供する「EDINET」(Electronic Disclosure for Investor's NET work:金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)に開示し、適時開示規則に該当する情報につきましては、同規則に従い、東京証券取引所の運営する「TDnet」(Timely Disclosure network:適時開示情報伝達システム)にて開示するとともに、EDINET及びTDnetでの開示後、できる限り速やかに当該情報を当社Webサイトに掲載することとしております。
また、これら以外の情報についても、当社を理解していただく上で有用であると思われる情報は、当社Webサイトに掲載いたします。
なお、当社は、細心の注意を払って、当社Webサイトを作成いたしておりますが、掲載された情報の正確性などにつきましては、当社はいかなる保証をいたしません。従いまして、当社が他の方法により開示いたしました情報もご参照なさるようお願いいたします。
業績の予想および将来の見通しについて
当社が開示する情報の中には、業績の予想および将来の見通し(以下、「見通し等」)に関する記述が含まれる場合があります。これら見通し等については、現在入手可能な情報に基づき一定の前提のもとに作成したものであり、さらに当社を取り巻く経済環境、各制度、金利等の変動といった未知のリスクや不確定な要素も含んでいるため、実際の当社の事業内容や業績は、これらの見通し等とは大きく異なる可能性があります。
従いまして、当社の事業や業績あるいは企業価値などを検討される際には、これらの見通し等のみに全面的に依拠することは控えていただきますようお願いいたします。
沈黙期間
当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各決算期日(四半期決算を含む)の翌日から決算発表までの一定期間を「沈黙期間」と定め、決算に関する取材や業績見通し等に関するお問い合わせに対する回答を控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
ただし、適時開示規則に該当する情報については、沈黙期間中であっても適時開示を行い、当該開示に関するお問い合わせについては対応いたします。
第三者への情報開示と第三者による業績予想
当社は、機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等、限られた情報に限り言及いたします。第三者によるいかなる当社に関するコメント、業績予想等を指示することをいたしません。
ただし、これらの内容に明らかな誤りが含まれており、当社への信頼と適切な評価が得られないと判断する場合には、その誤りを訂正し、正確な情報を伝えるための対応をいたします。
お断り
上記の各事項を十分にご理解いただいたうえで当社Webサイトをご利用されるようお願いいたします。当社は、当社Webサイトに掲載いたしました情報によって、当社の株式の購入や売却など当社株式に対する投資を勧誘するものではありません。また、当社が当社Webサイトに掲載した情報により利用者に何らかの損害が生じた場合でも、当社は何らの責任を負いません。ご利用者ご自身の判断により、当社の株式の購入や売却など当社に対する投資をなさるようお願いいたします。
Page Top