IR情報

よくあるご質問(FAQ)

会社に関する質問

Q会社設立はいつですか?
A日本オルガノン株式会社をスピンオフし、2003年4月、神戸市に設立。同年10月よりキナーゼに特化した創薬支援事業および創薬事業の展開を目的として業務を開始しました。
Q設立経緯を教えて下さい。
A当社は、鐘紡から新薬事業の営業譲渡を受けた、オランダの製薬企業Organon N.V.(以下、「オルガノン」)の日本法人、日本オルガンノン株式会社(以下、「日本オルガノン」)からスピンオフしてできた会社です。2002年にオルガノンの主力製品であったうつ病の薬が米国で特許切れとなり、オルガノンが全世界的なリストラを開始しました。その当時、日本オルガノンの医薬研究所の幹部であった創業メンバーは、日本オルガノン時代から特化して研究してきたキナーゼには将来性があると考え、同社の支援を得て独立いたしました。
Q社名の由来を教えて下さい。
A社名である「カルナ(CARNA)」は、ローマ神話の「人間の健康を守る女神」です。また、「身体の諸器官を働かせる女神」、「人間生活の保護女神」などとも言われています。
当社グループは生命科学「バイオサイエンス(Bioscience)を探求することで、「人々の生命を守り、健康に貢献することを目指す。」ことを基本理念としています。まさに「カルナ(CARNA)」でありたいと思っています。
Q上場したのはいつですか?
A2008年3月25日にジャスダック証券取引所NEO市場(現・東京証券取引所JASDAQ(グロース))に上場しました。
Q強みを教えて下さい。
A当社グループは、キナーゼを標的にした創薬研究に必要な材料および情報を提供する日本でも数少ない会社のひとつです。特に、創薬研究に必須であるキナーゼタンパク質は、世界で最も多種類の品揃えを誇り、それらを用いた化合物の網羅的なプロファイリングは、創薬研究に有用な情報を提供することができます。キナーゼタンパク質は、遺伝子の取得からタンパク発現~精製までを自社で一貫して行っていますので、高品質の製品をお客様のニーズに合わせて幅広くご用意することができます。
これらの世界有数のキナーゼタンパク質創薬基盤技術は、自社の創薬研究にも活用することができます。
Q会計監査人を教えて下さい。
A有限責任監査法人トーマツを会計監査人として選任しております。
詳しくは「会計監査の状況」をご覧下さい。
Q所在地を教えて下さい。
A当社へのアクセス(当社の所在地)は「会社概要」の「所在図」をご覧下さい。

Page Top

経営方針・経営戦略に関する質問

Q中長期的な経営戦略について教えて下さい。
A中長期的な経営戦略については「中期経営計画」をご覧下さい。
Q配当政策について教えて下さい。
A当社は創薬型バイオベンチャーとして研究開発に先行投資をすることをビジネスモデルと事業しておりますが、早期の全社黒字化に向けて取り組んでおります。株主の皆さまへの利益還元は重要な経営課題と認識しており、今後の経営成績及び財務状態を勘案し、利益配当等を含め総合的に検討してまいります。
Q創薬の収益モデルについて教えてください。
Aコスト負担の大きい後期第2相試験(フェーズⅡb)以降の段階は基本的には手掛けず、それ以前のいずれかの段階で製薬企業へ導出するビジネスモデルのもと、創薬事業を行っております。後期第2相試験までのいずれかの段階までに創製した新薬候補化合物を製薬企業に導出することによって、ライセンス契約締結時に、契約一時金、各試験に入る時、承認申請時、承認取得時等にライセンス契約に基づくマイルストーン収入、新薬の上市後、新薬の売上や正味売上高に対する一定の割合をロイヤリティー収入として受取る収益モデルを想定しております。
Qコーポレート・ガバナンスに対する取り組みについて教えて下さい。
A当社グループは、経営の健全性ならびに透明性を高めることを通じて企業価値の最大化を図ることが重要であると考えております。このため、コーポレート・ガバナンスの強化を重要な経営課題と認識し、業務執行に対する厳正な監督機能の充実や内部統制システムに基づく業務執行の妥当性、違法性ならびに効率性のチェック・管理機能を有効に発揮させることによって、経営の健全性ならびに透明性の向上に積極的に取り組んでおります。さらに役員および従業員のコンプライアンスの徹底についても、重要施策として積極的に取り組んでおります。詳しくは「コーポレート・ガバナンス」をご覧下さい。
Qビジョンを教えて下さい。
A当社グループの大きな発展・飛躍は創薬事業の成否が鍵を握るものと考えております。米国ではすでに30種類前後のキナーゼ阻害剤が上市されていますが、当社グループもこのような画期的なキナーゼ阻害剤となりうる化合物の創製に取り組んでおります。がん疾患や自己免疫疾患などで苦しむ患者の方々に、一刻も早く有効な治療薬をお届けしたいと考えております。
米国では、バイオベンチャーが育ち、創薬が国を支える産業になっております。当社グループもこれからの発展により、国を支える企業の一員として飛躍したいと考えております。

Page Top

決算・財務に関する質問

Q最新の業績教えて下さい。
A業績の詳細は「決算短信」をご覧下さい。
Q黒字化の見込みは?
A2015年12月期において、全社黒字化を達成することができました。今後は業績の黒字化を継続的することができる事業基盤を構築することが重要であると認識しております。詳細は「中期経営計画」をご覧下さい。
Q決算関連資料の入手場所を教えて下さい。
A決算関連資料は「IRライブラリー」をご覧下さい。
Q決算期を教えて下さい。
A12月31日です。
Q決算発表日はいつですか?
A決算発表のスケジュールは「IRカレンダー」をご覧下さい。

Page Top

株式に関する質問

Q証券コードを教えて下さい。
A4572です。
Q売買単位株式数を教えて下さい。
A100株です。
Q株主構成について教えて下さい。
A株主構成は「所有状況」をご覧下さい。
Q株主総会はいつ開催されますか?
A毎年3月に開催します。
Q株主名簿管理人を教えてください。
A株主名簿管理人は三井住友信託銀行株式会社です。
詳しくは「株式メモ」をご覧下さい。
Q株主優待制度はありますか?
A株主優待の制度はありません。
Page Top