お知らせ

  • HOME
  • お知らせ

お知らせ

2010年11月24日 製品・受託サービス ビオチン化キナーゼ蛋白質に新製品が加わりました

発売以来ご好評いただいております 【 ビオチン化キナーゼ蛋白質 】 に新たに2製品が加わりました。
また、ご要望にお応えし、計10製品を開発中です。

【 ビオチン化キナーゼ蛋白質 】   ☆☆期間限定トライアルキャンペーン実施中☆☆
https://www.carnabio.com/japanese/product/protein8.html
カタログ番号 08-451-20N        BTN-MET
カタログ番号 07-438-20N        BTN-TNIK

【 以下、鋭意開発中です 】   リストにない製品をご希望の場合はお気軽にお問合せ下さい。 
BTN-BRAF
BTN-COT(MAP3K8)
BTN-FLT3
BTN-JAK3
BTN-MAP3K14
BTN-RAF1
BTN-TRKA
BTN-TRKB
BTN-TRKC
BTN-TYK2

Page Top

2010年11月15日 製品・受託サービス キナーゼ蛋白質、アッセイキットに新製品が加わりました

本日付で下記の製品が販売可能となりました。仕様等の詳細は各製品ページをご覧下さい。

キナーゼ蛋白質
https://www.carnabio.com/japanese/product/
カタログ番号 08-529        ALK[L1196M]
カタログ番号 05-153        GCN2(EIF2AK4)
カタログ番号 07-108        MAP3K6
カタログ番号 05-173        ULK3

QSS AssistTM MSA アッセイキット[800dp]
https://www.carnabio.com/japanese/product/assay-msa.html
EGFR[d746-750]
EGFR[d746-750/T790M]
HER2
TSSK3
TNIK

QSS AssistTM MSA アッセイキット[400dp]
https://www.carnabio.com/japanese/product/assay-msa2.html
EGFR[d746-750]
EGFR[d746-750/T790M]
TSSK3
TNIK

QSS Assist™ TR-FRET アッセイキット
https://www.carnabio.com/japanese/product/assay-tr-fret.html
LYNa

Page Top

2010年11月15日 製品・受託サービス ACD社 セルベースチロシンキナーゼアッセイをご紹介します

大変長らくお待たせいたしました。
HPトップページ 「製品とサービス」 から Live-cell Kinase Assays の項目をクリックいただきますと、対象キナーゼ種からサービス申込書、アッセイの原理まで、サービスの詳細をご確認いただけるよう下層ページを充実させました。
本サービスは米国 Advanced Cellular Dynamics(ACD) 社が開発したセルベースチロシンキナーゼアッセイパネルを用いたサービス受託の代理店業務を当社が行なうものです。市場最大52種のチロシンキナーゼがセルベースアッセイ可能で、細胞内でのキナーゼ阻害作用を短期間でみることが可能となり、お客様のご研究のスピードアップ、コストダウンに貢献します。当社の in vitro プロファイリングサービス同様、1キナーゼからお選びいただけます。費用、その他につきましては、お気軽にお問合せ下さい。 

サービス紹介ページ:https://www.carnabio.com/japanese/product/live-cell.html

専用お問合せフォーム: https://www.carnabio.com/japanese/product/request.cgi?mode=7

Page Top

2010年10月15日 製品・受託サービス ☆ビオチン化キナーゼ蛋白質☆ トライアルキャンペーン実施中!

10月4日にリリースされた21種の 「ビオチン化キナーゼ蛋白質」 をお得にお求めいただけるトライアルキャンペーンを実施しております。2010年12月17日までのご発注承り分が対象です。

対象キナーゼは下記のページでご確認いただけます。
https://www.carnabio.com/japanese/product/biotinylated

Page Top

2010年09月06日 製品・受託サービス プロファイリングサービスを更新しました

9月6日付けでQuickScout® カスタムプロファイリングサービスを更新しました。

【ATP濃度=Km値付近】 試験 ・・・ 7キナーゼ追加
フルパネル 計311種 (107 TKs, 201 STKs, 3 Lipid)

【ATP濃度=1mM】 試験 ・・・ 8キナーゼ追加
フルパネル 計161種 (106 TKs, 55 STKs)

対象キナーゼ等、サービスの詳細は下記のページでご確認いただけます。
https://www.carnabio.com/japanese/product/profiling.html

Page Top

2010年07月28日 セミナー アフタヌーンセミナー共催、講演会終了のお知らせ (7/27; 東京)

7月26〜27日に開催された日本ヒトプロテオーム機構第8回大会(日本プロテオーム学会2010年会)、第6回日本臨床プロテオーム研究会 連合大会において当社はアフタヌーンセミナーを共催、演者にプロテオミクスの世界最先端の研究を手掛けておられる先生方にご講演をいただきました。200名を超えるご研究者様にご来場、ならびにご清聴いただき、ありがとうございました。

公式サイト: http://www.congre.co.jp/jhupo-jscp/

日 時: 7月27日(火) 14:00〜15:00
会 場: 第2会場
座 長: 横田 耕一(カルナバイオサイエンス株式会社 研究技術本部長)

14:10〜
演 題: 「リン酸化プロテオーム解析技術の最前線とシグナル伝達研究への展開」
演 者: 石濱 泰 准教授
慶應義塾大学 先端生命科学研究所 

14:35〜
演 題: 「プロテオミクスを用いた酵素-基質関係の網羅的解明:ターゲットプロテオミクスの現状と将来」
演 者: 中山 敬一 教授
九州大学 生体防御医学研究所
細胞機能制御部門 分子発現制御学分野


[クリックして拡大]

Page Top

2010年07月05日 展示会 第9回 国際バイオEXPO に出展しました (6/30−7/2; 東京)

6月30日〜7月2日に東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催された第9回国際バイオEXPO の併設展示会場において、製品、サービスの紹介を行ないました。多数の方にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

公式ウェブサイト:http://www.bio-expo.jp/jp/
開催場所:東京ビッグサイト(東京)
小間番号:4-46(西1ホール 医薬R&Dエリア)


[クリックして拡大]

Page Top

2010年06月28日 製品・受託サービス プレゼンテーションポスター公開のお知らせ (Next-Gen Kinase Inhibitors Conference)

6月21〜23日に米国・マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された第8回 Next-Gen Kinase Inhibitors Conference において、生産技術部 北川大輔が研究内容を纏め、発表したプレゼンテーションのポスター(PDF版)を公開します。

タイトル:Activity and Affinity- based assay of FMS tyrosine kinase: the impact of kinase phosphorylation state on the activities of various kinase inhibitory compounds

下のファイルをクリックの上、ご覧下さい。

Page Top

2010年06月24日 展示会 第8回 Next-Gen Kinase Inhibitors Conference に出展しました (6/21-23; 米国)

米国・マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された第8回 Next-Gen Kinase Inhibitors Conference の併設展示会場において、製品、サービスの紹介を子会社CarnaBio USA, Inc. と共同で行ないました。各国より多数の研究者様にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

なお、同会場にて当社研究員が発表したポスターのPDF版を後日ホームページに掲載の予定です。 

公式ウェブサイト:http://www.healthtech.com/Conferences_Overview.aspx?id=59978
開催場所:Royal Sonesta Hotel(米国・マサチューセッツ州ケンブリッジ)
小間番号:5


[クリックして拡大]

Page Top

2010年06月17日 セミナー セミナー協賛、講演会終了のお知らせ (6/16; 東京)

6月16日に開催されたBTJプロフェッショナルセミナー(日経BP社様主催、当社協賛)において、当社研究員が講演をさせていただきました。多数のご研究者様にご来場、ならびにご清聴いただき、ありがとうございました。

BTJプロフェッショナルセミナー 『分子標的薬の創製と開発の最前線』

公式サイト: http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/seminar/100616/index.html

日 時: 2010年6月16日(水) 13時〜17時50分
会 場: コクヨホール(JR・京急線 品川駅港南口駅前)

14:55〜15:45 
演 題: 「創薬現場におけるキナーゼプロファイリングの活用」
演 者: 澤 匡明 (カルナバイオサイエンス株式会社 創薬研究部長)

演 題: 「キナーゼ阻害薬のバイオケミカルアッセイによる評価」
演 者: 合田 正貴 (カルナバイオサイエンス株式会社 研究開発部 主任研究員)  


[クリックして拡大]

Page Top

2010年05月31日 展示会 第5回 Protein Kinases in Drug Discovery に出展しました (5/27-28; 米国)

米国・マサチューセッツ州ボストンで開催された第5回 Protein Kinases in Drug Discovery 併設展示会場において、製品、サービスの紹介を行ないました。多数の研究者様にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

公式ウェブサイト:http://www.gtcbio.com/conferenceDetails.aspx?id=149
開催場所:Seaport Hotel(米国・マサチューセッツ州ボストン)

Page Top

2010年05月10日 製品・受託サービス プロファイリングサービスを更新しました

5月10日付けでQuickScout® カスタムプロファイリングサービスを更新しました。

従来の 【ATP濃度=Km値付近】 試験に1キナーゼが加わり計304種でアッセイ可能となりました。一方、昨年10月よりサービスを開始しております 【ATP濃度=1mM】 試験におきましては新たにTyrosine Kinase 56種が加わり、計153種(101 TKs, 52 STKs)でアッセイ可能となりました。これによりTyrosine KinaseはKm値付近試験においてアッセイ可能な101種が取揃い(CTK(MATK)を除く)、化合物の阻害作用、特に選択性を詳細に知る上でのより有用なツールとしてご提案いたします。

対象キナーゼ等、サービスの詳細は下記のページでご確認いただけます。
https://www.carnabio.com/japanese/product/list-profiling2.html

Page Top

2010年04月21日 製品・受託サービス プレゼンテーションポスター公開のお知らせ (SBS 16th Annual Conference)

4月11〜15日に米国・アリゾナ州フェニックスで開催された第16回 SBS Annual Conference 併設展示会において、研究開発部 主任研究員 合田正貴が研究内容を纏め、発表したプレゼンテーションのポスター(PDF版)を公開します。

タイトル:Activity-based kinase selectivity profiling of clinically relevant tyrosine kinase inhibitors using QuickScoutTM

下のファイルをクリックの上、ご覧下さい。


[クリックして拡大]

Page Top

2010年04月20日 展示会 SBS 16th Annual Conference 併設展示会に出展しました(Apr 13-15, 2010; 米国)

米国・アリゾナ州フェニックスで開催された第16回 SBS Annual Conference 併設展示会において、製品、サービスの紹介を子会社CarnaBio USA, Inc. と共同で行ないました。各国より多数の研究者様にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

公式ウェブサイト:http://www.sbsonline.org/i4a/pages/index.cfm?pageid=3708
開催場所:フェニックスコンベンションセンター(米国・アリゾナ州フェニックス)
小間番号:934


[クリックして拡大]

Page Top

2010年03月19日 展示会 Drug Discovery TARGET & TOOLS 併設展示会に出展しました (3/17−18; ドイツ)

ドイツ・ベルリンで開催された Drug Discovery TARGET & TOOLS 併設展示会において、製品・サービスの紹介を欧州業務代行社 Kinase Logistics ApS と共同で行ないました。各国より多数の研究者様にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。 

公式ウェブサイト: http://www.iir-events.com/IIR-Conf/page.aspx?id=24666
開催場所:Maritim proArte Hotel (ドイツ・ベルリン)
小間番号:12


[クリックして拡大]

Page Top

2010年03月09日 製品・受託サービス SBS 16th Annual Conference にて当社研究員がポスター発表を行ないます

2010年4月11〜15日まで米国・フェニックスで開催されるSBS 16th Annual Conference & Exhibitionにおいて、研究開発部 主任研究員 合田正貴が「Activity-based kinase selectivity profiling of clinically relevant tyrosine kinase inhibitors using QuickScoutTM」と題し、ポスター発表を行ないます。ご来場の際は、是非ご覧下さい。また、会期終了後にはポスターのPDF版をホームページに掲載します。

Page Top

2010年02月01日 お知らせ ホームページをリニューアルしました

この度、当社ホームページ (www.carnabio.com) をリニューアルいたしました。コーポレートカラーの紺色を基調に、各製品・サービスの視認性を向上させる等、デザインを一新しました。また、各種ダウンロード資料を集約したほか、論文リスト、Q&Aコーナーを設ける等、より多くのユーザー様に必要な情報を円滑にご入手いただけるよう工夫いたしました。今後、ますます情報、機能共に充実させてまいりますので、どうぞご利用下さいますようお願い申し上げます。

なお、IRに関する新着情報等は「IR情報」の「IRニュース」をご覧下さい。 

Page Top

Page Top